高齢化社会に役立つ資格|独立開業も夢じゃない!行政書士の資格を取ろう!

独立開業も夢じゃない!行政書士の資格を取ろう!

女の人

高齢化社会に役立つ資格

男性女性

言語と聴覚機能のリハビリ

社会が高齢化するにつれて病気に罹る人も増えてきます。特に高齢者に多いのが脳卒中や脳梗塞です。命拾いをしても半身不随になったり言語機能が失われるケースも多いです。言語聴覚士が注目されているのは、このような病気によって言語機能や聴覚機能が低下した人に対してリハビリを行う必要があるからです。言語聴覚士になるには国家資格を取得します。そのためには専門の学校で3年以上学ぶことになります。言語聴覚士を目指す場合に気をつけたいのは適正があるかどうかです。言語や聴覚機能の衰えた高齢者や生まれつき障害のある方を相手にするので、コミュニケーション能力が必要になります。常に冷静に対処して適切な信頼関係を築くことから治療が始まります。学校へ行って国家試験に挑む前に、自分に適した職業かどうかを知ることが大事です。

信頼を築ける適性が大事

言語聴覚士という仕事が注目を浴びているのは日本社会の高齢化があります。働き場所がたくさんあるので、これから資格を目指す人にとっては将来有望な職業といえます。また言語聴覚士の学校では幅広い知識を学ぶことができます。医学だけでなく心理学や言語学、音声学、発生発語学など他の資格では考えられないほど多くの科目を学びます。そのため仕事先も病院や福祉施設に限らず、一般の企業に就職する時にも有利になります。言語聴覚士は社会人にも適した資格です。学生は学校だけで学んだ知識しかありませんが、社会人は色々な体験をしています。その体験を活かすことができるのが言語聴覚士です。そのため社会人から転職する場合にも成功しやすいのです。