独立開業も夢じゃない!行政書士の資格を取ろう!

勉強

高齢化社会に役立つ資格

男性女性

高齢化社会になると脳卒中や心筋梗塞などに罹る人が増えます。半身不随になったり言語や聴覚機能が衰える人が多くなります。それに対処するのが言語聴覚士です。国家資格が必要で、専門の学校へ行って学ぶ必要があります。大事なのは適性です。言語や聴覚が不自由な患者のリハビリを行うので、信頼感を築くことが大切です。

もっと読む

仕事では圧倒的に有利です

女の人

仕事をする上で、収入を増やしたり、信頼を得たいのであれば、資格取得が最適です。自身の能力をアピールするツールになります。ビジネスに関した資格を取得する場合には、通信講座を利用すると効率よく学習することが出来ます。

もっと読む

幼稚園の先生になるには

先生と子供

幼稚園教諭になるには、大学もしくは短大を経て幼稚園教諭免許を取得し、都道府県や私立学校の採用試験に合格する必要があります。幼稚園教諭免許には一種(大卒)と二種(短大卒)がありますが、5年以上の勤続経験と不足分45単位を通信制大学にて履修すれば、二種免許取得者でも一種免許へ切り替えることが可能です。

もっと読む

様々な働き方が可能

男女

誰でも受験可能です

行政書士の受験者が多いのは、他の国家試験と比べ取得しやすく、独立開業することが可能だからです。独立開業以外にも、一般企業で行政書士の資格を十分活かすことができるのです。国家資格は、受験にあたり学歴や職歴において要件を求められるものも少なくないです。行政書士試験は、学歴や職歴は問われることはないため誰でも受験することが可能です。過去に出題された問題傾向をしっかり分析し、継続して勉強すると合格しやすくなるでしょう。資格学校の行政書士コースを受講するだけでなく、仕事・家事と両立して独学で学べるのが魅力です。なお、国や地方の公務員として通算20年以上勤務した場合には、試験を受けることなく資格が得られるのです。

仕事の幅が広いです

行政書士の資質として、主にコミュニケーション力・正確性・粘り強さが求められることが多いです。顧客の法律相談に乗ることも仕事の1つで、相談内容をきちんと把握した上で的確に答えなければいけないのです。仕事上、他の士業の人たちと連携する場合も少なくないため、日頃から関係を築いていくことも大事です。行政書士の仕事は、官公庁への書類作成・提出から法律相談・相続まで幅が広いのが特徴です。近年は仕事の幅を広げるため、他の国家資格を取得して活躍している人も少なくないです。資格を活かして仕事をするには行政書士会に入会する必要があり、入会金や年会費を支払わなければならないです。他の国家資格より入会金などは低く設定されているのが特徴です。